詩集「小さなユリと」

「夕方の三十分」

映画の原作となった詩集「小さなユリと」黒田三郎著(夏葉社刊) より、 「夕方の三十分」を特別に許可をいただいて掲載しています。
*右から左にスクロールしてお読みください

詩人 黒田三郎の娘、ユリさんが父を描いた絵が詩集の表紙になっている。


「小さなユリと」は、妻が入院したため4歳になる娘ユリと2人暮らしをすることになった半年間を綴った詩集です。

半年後、黒田さんが酔って車に轢かれ入院することになり、代わりに奥様が退院する。というエピソードがあります。

詩集「小さなユリと」
現代詩史に残る傑作詩集の復刻版。
父親と3歳の娘のささやかな日々を描く。
解説、荻原魚雷。

単行本: 64ページ
出版社: 夏葉社; 四六版 (2015/5/20)
言語: 日本語
ISBN-10: 4904816153
ISBN-13: 978-4904816158
発売日: 2015/5/20