小さなユリと DVD化対談

taidan
小さなユリと DVD BOX制作にあたり、2月、都内某所で井俣太良 岩田有民 唐橋 充によるキックオフ対談がおこなわれました。

原作の詩集入りの DVD BOXを作りたいんです!

iwata-taidan
岩田有民 〈いわた ゆうみん〉 
劇団少年社中俳優。「小さなユリと」の短編映画化を企画。

岩田 もう5年も前になるんですが、俺が映画を企画して出演を依頼したというところで、また岩田がおかしなことを言い出したぞと思われたんじゃないですか?(笑)

井俣 確かになんかよくわからなかったけど、すごい熱意でくるから(笑) 受け止めざるをえなかったよ。とはいえ始まってしまえば、俳優としていろいろな挑戦ができる場にしていってしまうものだしね。

岩田 そう思って頂けたのは嬉しいです!

井俣 いやいや、必死でしたよ当時は(笑)映像作品で本格的に出演した一番最初の作品で。 映像の難しさっていうのを教えてもらったし。なにより黒田三郎さんの詩集の世界観を再現できるおもしろさもあって、監督もすごくそこを大事にして撮影に臨んでいたし。

hanari-imatamovie
井俣太良(劇団少年社中俳優)と はなり 親子での出演。

娘との共演と、格闘

karahashi-taidan
唐橋 充  〈からはし みつる〉 
俳優・イラストレーター。 「小さなユリと」DVD BOXデザインを担当。

唐橋 娘さんと共演したんですよね? そこはどうでしたか?

井俣 (笑)やっぱり個人的には娘と共演したことが、いちばん大きなことだったんだけど。まだ彼女に「演じる」という概念もないころで。

岩田 当事まだ2歳半くらいでしたね。

井俣 演技を教えることもできないのにどう動いてもらったらいいんだ?どう自然な姿を見せられるんだ? というのをスタッフ全員で格闘しましたよね。お父さんが急に怒り出すとか、泣かせちゃったりとか、彼女にとっては全部リアルだったわけだから。胸が苦しいこともありましたよ。

岩田 お芝居のシーンもあって、実際の本番前の一番忙しいときに撮らせてもらったり大変でしたね。

井俣 そう! シャチキスの公演だったっけ。

岩田 SKIPシティ映画祭では出品した年に奨励賞をいただいたんですけど、翌年にあった、これまでの全出品作品の中から観客目線でベストを選ぶという投票で一位になって。

井俣 受賞のあいさつに行ったんだよね。 覚えてないけど。

唐橋 ちょっと!(笑)

井俣 あの作品て多重的になってて。今の時間軸だけじゃない回顧的な世界観がとか詩の世界と重なるとことかあったりして、そのおもしろさも評価していただけたんじゃないかな。

 

 

原作詩集の復刊

詩人 黒田三郎の娘、ユリさんが父を描いた絵が詩集の表紙になっている。
詩人 黒田三郎の娘、ユリさんが父を描いた絵が詩集の表紙になっている。

岩田 2015年に、映画の原作となった黒田三郎さんの詩集『小さなユリと』が50年ぶりに復刊されまして、しかも復刊を手掛けられたのが僕と同い年の、夏葉社の島田さんという方なんですよ。

井俣 あ、そうなんだ !
岩田 ええ。僕は中学生のときに詩集の中の一篇『夕方の三十分』を教科書で読んだことがきっかけで、島田さんは古本屋で詩集を偶然見かけたことがきっかけになっているので、出会った経緯は違うのですが。

井俣 俺のところの教科書には載ってなかったなー

岩田 島田さんの志の高さに非常に感銘を受けまして。これからも絶版になることなく読み継がれていって欲しいなと。 なんせ、映画本編に詩集が出てくるのですが、あれは初版本で○万円したもので。

唐橋 マジで ?

岩田 映画を通して何かお手伝いさせて頂きたいと、島田さんに会いに行ったことから、不肖岩田、DVD BOXを作ろうと決意した次第です! 作りたいんです! どうですか?

井俣 あ、うん(笑)

唐橋 急にスイッチ入っちゃった。

井俣 いやもう単純に嬉しいよね。俺にとっても特別な作品なんで。形になってのこるというのは。

 

 

孤独な時間の楽しみ方

岩田 井俣さんは詩集をどんなときに開くんですか ?

唐橋 まあトイレでしょうね。日めくりカレンダーのように。

井俣 おい!(笑) まあでも、ある意味それは正しくて。トイレって誰にとっても孤独な空間で、そういう空間って言葉に直結する感覚があるよね。

岩田 ああ、なるほど。

井俣 詩って、ひとりになるときに、孤独な時間を楽しむときに、傍にあるといいね。俺もバッグに入れてるから。

唐橋 本当に持ってます ?

井俣 持ってる持ってる(笑)

唐橋 岩田さん最後に宣伝を。

dvd-dummy
DVDケースの表紙は、はなり が父、井俣太良を描いた絵。 *ケースの画像はサンプルです

岩田 あ、そうですね。じゃあ…この映画は和島監督はじめスタッフもすごいエネルギーをそそいで、あのタイミングでしか撮れなかった、まちがいなくいい作品なんで、ぜひ見て下さい。唐 自分もDVD化に関わることができてうれしいんですけど。これってもし売れなかったら岩田さん自腹とかですよね…?

井俣 みなさん予約してください !

 

対談企画・構成 真野明日人